Home » Archive

Articles in the Marketing Category

Marketing »

[15 6月 2009 | 見るべき指標は最小限にすること。 はコメントを受け付けていません。 | ]
見るべき指標は最小限にすること。

Web解析を知り始めると、「これも知りたい」「あれも取れる!」と色々なデータをわくわくしながら見て回ります。

もちろん、興味を持って頂くことは重要で、それぞれのデータに意味があることも確かです。ただし、それを運用できるかは別だったりします。

General, Marketing »

[8 6月 2009 | One Comment | ]
解析ツールでRSSの購読者数を知る方法。

すっかり企業のサイトでも導入されていることが普通になりつつある、RSSですが、せっかくなのせ解析視点で少し整理をしてみたいと思います。

General, Marketing »

[1 6月 2009 | Site Entry Optimizationってあっても良い気がする はコメントを受け付けていません。 | ]
Site Entry Optimizationってあっても良い気がする

なんとなく流入について考えていたところ、サイト流入について語られる場合にとある1つだけで語られることが多いなぁと。

いわゆるSEOと呼ばれているものはSearch Engine Optimizationということで、より検索エンジンの結果の上位に表示させるための色々だったりするわけです。つまり、自然検索に特化した話なわけですよ。

General, Marketing »

[9 5月 2009 | サイトの問題点はどう洗い出す? はコメントを受け付けていません。 | ]
サイトの問題点はどう洗い出す?

先日ご紹介した問題解決のタイプに「Improvement Opportunity追求型」というものがあります。
これは本の解説によると「現状に甘んじず、よりベターな状況を目指して行う問題解決」ということになります。
よりベターの状況を目指すためには、まずは改善すべき問題点を捉えている必要があるわけです。
とはいえ、サイトの問題点の洗い出しといっても、沢山のページ、沢山の指標の中からどのように見つけ出しのかは非常に難しいことだったりもします。
ということで問題点の洗い出し方について考えるところを少し。

General, Marketing »

[5 5月 2009 | Web解析の視点(流入編) はコメントを受け付けていません。 | ]
Web解析の視点(流入編)

もう、ずいぶんと前になってしまいましたが、Web解析の視点(PV版)で書いた際に、省略していた流入部分についてフォーカスしてみたいと思います。
おさらいと整理
まずは、少しだけおさらいと整理をしていきたいと思います。コンテキストとしては、KPIをウォッチしていた時の原因を探る場合のフローとなります。
サイト全体のコンバージョンやPVに変化があった場合に、その原因の調査としてまず、「流入」が原因であるか「サイト内」が原因であるかを切り分ける必要があります。

General, Marketing, Tools »

[4 4月 2009 | 簡易コンバージョン計算機 はコメントを受け付けていません。 | ]

コンバージョンをアップさせたい時に出来ることと言ったら、2つのことしかありません。「流入をアップさせる」か「サイト内のコンバージョン率をアップする」かです。

ただ、実際にどのくらいの流入アップがあると、どのくらいコンバージョンがあがるとかがいまいち考えるのが面倒だったりするわけで、なんとなく簡単に考えを試行錯誤できる方法がないかなぁと思って作ってみました。

Marketing, Tools »

[9 3月 2009 | Web解析の視点(ドラフト版) はコメントを受け付けていません。 | ]

まだ、途中段階なのですが、Web解析ツールを使って分析をしていく際のチャートみたいなのが作れたら良いかなぁと思って色々試行錯誤してます。

とりあえずMindmapで分類をしていたのですが、これだけでも結構使えそうなので公開してみます。

General, Marketing »

[1 3月 2009 | 2 Comments | ]

みどりかわさんに色々として頂き、今日は小規模な身内だけの超個人的な勉強会を開きました。内容はもちろんWeb解析です。

General, Marketing »

[8 2月 2009 | リファラが不安定ないくつかの理由。 はコメントを受け付けていません。 | ]

様々なところでGoogleのテストが話題になっています。Googleが行っているサンプリングテストで、Ajaxベースのテストが行われているようです。これの実装によってはリファラ情報が取得できなくなる可能性がありそうと。

ただ、実際は現状行われているテストはかなり割合は少ないとのことですし、下記のような文章も出ていますので恐らく大丈夫でしょう。

It is not our intention to disrupt referrer tracking, and we are continuing to iterate on this project.

とはいえリファラがどのような場合に送られているのかなどは整理しておくと良いとおもいますので、ここに書いておきたいと思います。

General, Marketing »

[2 2月 2009 | 軸を決めて見えないものを見る。 はコメントを受け付けていません。 | ]

解析ツールで集計された数字を見ていく中で、大きな動きの中から変化を見つけて、そこからブレイクダウンしていく方法があります。

もちろんこれが王道で最も効率が良い方法なのですが、これ以外にもデータから知見を見いだすことも出来る方法もあったりします。