Home » General, Marketing

広告の行動ターゲティング

2007/08/01

広告で行動ターゲティングを行っている会社のお話を聞いてきました。

実際に広告での行動ターゲティングの話を聞くのは初めてだったのですが、基本的な作りは検索ワードと参照したページなどを参考にセグメンテーションを行うんですね。

サイトでバナー表示などのレコメンデーションに行動ターゲティングを利用をする場合、協調フィルタリングであったり、コンテンツベースフィルタリングを行ったりします。Amazonは協調フィルタリングと言われていますね。

今回お聞きした会社の場合は、上記のようなフィルタリングは行っていないようです。単に指定されたキーワードとページを参照したユーザーを足し算でセグメント化、そのセグメントに対し広告を打っていくというフローです。

あとは結果をもって、実際に参照・クリックしたセグメントをドリルダウンして次につなげていく感じでした。

確かにただ垂れ流すよりも効果は高いようですが…広告モデルで運用しようと思うとこんな感じなのですかね。

残念だったのは、特定したセグメントが特定ページを参照した時だけ別のクリエイティブに変更出来ないこと。これが出来ないとタイミング訴求が難しくなってしまうんですよね。

まぁ、そんなもの自分でやれって感じですかね。





Comments are closed.