Home » General

何かを設計する際には2つの視点を持つ事

2009/03/06

「SEOの効果をアップしたい」

例えばこのような要件があった場合に何をしたら良いでしょうか?このままでは目的としては荒いので、もう少しブレイクダウンをしていきます。

2つの視点で整理

整理をする場合は2つの視点で行うのが良いと思ってます。

1:施策全体の評価をするためのKPI
2:施策の問題点を洗い出す指標

この2つをきちんと別々に認識をしておくことで、はじめてきれいな要件として考えられると思ってます。

1つめは、その施策が良い方向に動いているのか、間違った方向へ動いているのかを確認していくためのものになります。

例えば冒頭に挙げたSEOの効果であれば、「自然検索の流入数」「自然検索とリスティングからの流入の割合」などになるでしょう。

2つめは、問題点を洗い出す指標です。「どこが悪いのか?」「どこを改善すべきなのか?」を見つけ出すものです。

同じく、SEOの効果であれば、「直帰率の低いキーワード」や「コンバージョンに結びついていないキーワード」などです。

まとめ

指標が沢山ならぶと、どれを見れば良いかわからなくなってしまうんですよね。だからこそ、自分がどういう視点で、数字を見ようとしているかを、きちんと整理することで分析しやすくなるのかと。


Tags: ,



Comments are closed.