Home » Archive

Articles tagged with: A/BTest

General »

[5 10月 2014 | ターゲティングでテストを実施する3つの目的 はコメントを受け付けていません。 | ]
ターゲティングでテストを実施する3つの目的

ABテストというと、いわゆるUIのテストを示すことが多いですが、必ずしもそうではなく、ターゲティングを推進していく中でもテストは活用できます。これが出来ないとターゲティングの運用に負荷がかかるばかりで効果が出ない…といったことになってしまうわけです。ということでターゲティングでテストを実施する目的を3つに整理してみました。

General »

[20 12月 2013 | デジタルマーケティングの2013年振り返る:2 はコメントを受け付けていません。 | ]
デジタルマーケティングの2013年振り返る:2

前回からの続きです。相変わらずいくつかの気になるキーワードについて徒然に触れていきたいと思いますが、思いつきベースでのキーワードで書いているので、前回とずいぶん違うなとかは気にしないでください。

General »

[20 4月 2012 | ボタンの文言ひとつで売上はさがる? はコメントを受け付けていません。 | ]
ボタンの文言ひとつで売上はさがる?

若干、釣り気味のタイトルですが、特に運用担当者、ウェブ制作系の方に読んでいただきたいなぁと思いつつクリエイティブのタイミングで決まるものごとの重要性について触れてみたいと思います。

General »

[17 4月 2012 | 3 Comments | ]
ボタンをCTRで評価しない理由

「カートへ追加する」「資料請求へ」といったCall-To-Action(行動喚起)をするボタンまわりのテストは比較的効果が出やすいです。やっぱりコンバージョンをするにあたって必ず通る部分でもありますからね。テストで差が出れば結果の効果も大きくなります。

こういったCall-To-Actionのボタンのテストですがたまにクリックのみで評価されてしまっているケースがあります。しかし、これはテスト結果を間違って評価してしまいかねないので注意が必要です。というかクリック率だけで評価とかは、基本はダメです。

General »

[14 12月 2011 | テストの奥行き はコメントを受け付けていません。 | ]
テストの奥行き

ウェブサイトでテストを行う場合、通常はAとBの比較をしてどちらが良いかを決めていくといったのが良くやるやり方かと思います。

ボタンのデザインはどちらが良いだろうか?文言の位置はどこが良いのだろうか?… これはこれで効果が出る場合も多くあります。でも、これだけでテストをしていると言ってしまうと半分以上損をしているかもしれません。

General »

[23 11月 2010 | 2 Comments | ]
テストの文化を作ることに思う。

いくつかの方法を検証して、良いものを選択していく。これが最適化のプロセスです。

このコアとなるのが、テストです。テストを行っていくことって最適化プロセスをドライブさせるものだったりします。

しかし、テストの文化ってなかなか企業に根付きにくいんですよね。ということでこのテスト文化について感じる雑感など。

General »

[8 9月 2009 | One Comment | ]
テスティングまとめ

以前に書いた、直帰率まとめエントリが意外と人気だったので、今回はテスティングについて過去のエントリを参照しつつまとめていきたいと思います。たまには、過去の掘り起こしも良いものです。

General »

[13 8月 2009 | One Comment | ]
バナーテストしてました(結果編)

先日、CSSniteの告知もかねて書いたエントリー「バナーテストをしてました。」の結果を遅ればせながら書いておきます。

実際のテスト場所やパターンについては、長くなってしまうので、前回のエントリでご確認頂ければと思いますが、基本は下のような3つのバナークリックテストです。

General »

[5 7月 2009 | バナーテストをしてました。 はコメントを受け付けていません。 | ]
バナーテストをしてました。

バナーテストをしてました。今度のCSSniteで利用しようかなぁということで、このブログでのテストです。ということで概要を紹介です。

General »

[16 5月 2009 | バナーをテストをする時の要素7つ+ 2 はコメントを受け付けていません。 | ]
バナーをテストをする時の要素7つ+ 2

テスティングをしていくにあたって、ただ闇雲に複数のバナーを作ってAとBを比べてみると、もちろん結果は出ます。AかBのどちらかが良いか、AとBのどちらもそんなに変わらないです。

1回限りのテストであれば、これで良いかもしれません。でも実際は、サイトは常に運用され続けていくわけで、「良い知見を見いだして、次のバナーを作る際に活用できること」の方がより良いじゃないですか。次はさらに良い結果がでるわけです。