Home » Archive

Articles in the Tools Category

General, Tools »

[14 2月 2008 | 思考ツールを考える。 はコメントを受け付けていません | ]

たまには自分が思考をする時に利用しているツールなどを触れてもいいかなぁということで書いてみます。
このブログ
他のツールなども使い、ある程度形が固まったものを時間をかけてアウトプットとして作っていくものですね。あまり煮詰まっていないままで書き始めてしまう場合もあります。
自分の中の整理のするためのツールであり、そして、自分のタイムラインにアンカーを打っていくためのものですかね。最終的に誰かに伝えるであろう文章にすることで、ある程度客観視したまとめを作ることが出来ると思ってます。
このブログでは自分の仕事に沿った内容が多いため、、勉強会や雑誌の連載のネタ帳として利用する場合も結構あります。
Wiki
外には公開してないですが編集ツールとして大きく活用してます。ブログで書いたことを再利用するためやまとめ直す時とかにも利用してます。
PukiWiki を利用しているのですが、ページがある場合は自動的にリンクがつくため、調べ物をしたときなど単語ごとにある程度まとめておくことで、再利用しやすくしています。
あと、WEB でザーッと調べ物するときに便利です。 URL をざくざく入れていって、思ったこともざくざく書いて、後で編集してます。
様々なレベルで書かれた文章を URL だけで集めると、後で見直すたびに頭の中で再編集をしていかなければならないので、Wiki にまとめることでその負荷をなるべく軽減させてるようにしてます。
ソーシャルブックマーク
del.icio.us を利用してます。会社、家どこでも共有できるブックマークとして大いに活用してます。後で調べ直すかもしれない項目は、現在必要がなくても出来るだけブックマークするようにして後での活用を意識しておいてます。
日付を自動的にタグとして付与する Greasemonkey を利用しているので、以前にブックマークしたものも Rebookmark しながら整理していってます。
捜し物をする時も便利に使ってます。例えば Tumblr の参考URLを探している時に、Tumblr のタグで探してみると自分が引っかからないようなネタが違う視点でころがっていたりと面白いです。
del.icio.us のネットワーク機能も活用してます。比較的似た属性であったり、面白いブックマークをしている人を見つけたら自分のネットワークに追加して、まとめたものをRSSで購読してます。
RSS リーダー
昔は Firefox の Sage を使っていたのですが、最近はもっぱら LivedoorReader です。結局、家と会社とで見ることが多いので、重複を無くすためです。あと携帯利用が出来るのが大きいです。電車の移動時などにピンだけ立てておいて、後でPCで見たりしています。
WEB からの情報インプットの6割くらいが RSS からだと思います。あとの4割は Twitter だったり Tumblr だったり、del.icio.us だったり。
RSS だけだと偏ってしまう感じもするのですが、その辺はその辺でTVとかでフォロー。あと、注目しているものがある場合はそのキーワードをテクノラティの検索結果を RSS に一時的に登録してチェックしたりします。
Twitter
日常のなんとなく思ったことを書き出す。ほとんどは外出先のメモに近いですかね。最近は GoogleReader に自分が Web にアウトプットしている情報を RSS としてまとめて検索しているようにしているので、これで1日後くらいに振り返ってます。
でもほとんどは垂れ流し。たまにグチも…
Tumblr
公開スクラップブックに近い形。というかそれ。ほとんどURLをたどり直して読み直そうとは思わないけど、その時それを見て感じたことを記録していく感じです。
最近では画像の Reblog を利用することで、なんとなく自分の趣味も反映されていく感じでそれを楽しんでます。スクラップブックなので、やはり画像の Reblog は面白いなぁと思う今日このごろ。
これも GoogleReader に登録して1日後くらいに振り返ってます。あと、xFruits で更新された自分の Tumblr の RSS が送られてい来るようになっていて、GoogleReader のほかにもう一回振り返られる機会を作ってみてます。
去年の年末には自分のブログを Reblog してみて再度エントリーにしてみたりもしました。
紙の手帳
実はこれが自分の中では一番大事なものです。何かを考える時に、紙じゃなくちゃ出来なくて…。図を書いたり、マインドマップみたいに書いたり、落書きしたり…。これを何度も繰り返して再編集していると、何かしら頭が整理出来てきます。
あとは、統計の計算式やらマーケティングフレームワークを書き出して引っ張りだせるようにしてます。
FreeMind
いわゆる Mind マップを作成するソフトですね。もう、フリーだし全てキーボードで操作ができるので議事録を取る時などにも重宝してます。
基本的には紙の手帳に書き出した乱暴なメモをちょっと整理するときに使ってます。自分の上司は Mindmapを 使いこなしている方なので、ちょっとした考えを伝える時は、ワードやらパワポやらに書き出すよりも早かったりもします。
あと、考え事をしている風に見えるので、会社で威嚇する時に使ってます。
携帯
空き時間を埋めるために使っていることが多いです。それこそ LivedoorReader を見たり、mixi を見たり。最近では iKnow で英語の勉強もしたりしています。
Twitter も携帯からの入力が多いですね。あとは Tumblr が携帯からきちんと見れるようになったら完璧です。
あ、あと電車の中でブログの草案を書くときにも携帯メールである程度書いてあとでPCで整理してアップしています。
まとめ
ということで、ツールをまとめてみました。 PC を利用する場合は上記の様々なツールを利用するために Firefox のアドオンで色々と強化しています。
ということで Firefox もかなり重要なツールとなっているわけです。
それでは。

General, Tools »

[15 12月 2007 | マイクロブロギング!の面白さを語った。 はコメントを受け付けていません | ]

先日、WebSig24/7の分科会でThe New New Web Diggersに参加してきました。
少人数の勉強会ということもあり、ちょこっとだけしゃべらせてもらってきました。(「The New New Web Diggers」分科会イベント「マイクロブロギング!」、無事終了しました (WebSig24/7))
そんな感じで色んな方の発表の感想を少々。
Twitterの”doing”の傾向と対策
ふうりさんの発表ですね。「Twtterはまだまだ色んなサービスが作られながらみなさん楽しんでる。」ということを改めて認識し、APIの公開やRSSフィードの可能性などがこういったサービスを増やすブーストになっているんだろうなぁと再認識できました。
最近のTwitterはお作法まで出てきているそうです。まぁ、このへんはコミュニケーションがある以上出てきてしまうものなのかもしれませんね。でも、あんまり伝播していないと感じるのは緩いソーシャル性によるもんだからでしょうか?
携帯SNSの傾向
takeshiさんの発表です。gumiという携帯SNSサイトについてのお話でした。結構若い世代も多いそうです。また、携帯オンリー層というのは、結構自分の情報の開示にオープンとのこと。「絡んで」という一言で人を集めて直接メールをしてしまうとか。
この話を聞いてふと思い出したのがポケベル。私はちょうど盛り上がった時期に高校生だったのですが、ランダムにメッセージを送ってベル友になってみたりとか、していたなぁと。ポケベルのメッセージのやりとりってちょっとだけTwitterに似てますしね。
QuoteとReBlogで語ってみるtumblrの魅力
中野さんの発表です。斬新だったのは中野さんのTumblrの引用(Quote)をReblogして資料を作成していたこと。Tumblr界隈?でTumblrやらTwitterのメタ認知論みたいなのが飛び交っているので、その中から面白いものや、中野さん自身のことばをReblog。
「人と直接ではなくモノやコトでつながる」ってところや下記の文章が響いた。

ブログは死んだものの蓄積。意味はあるけど、投稿された時点ですでに生きているって感じがしない。博物館みたいなものだ。
tumblrがあまりにも「生」で、動き続けているってことを感じさせるから相対的にそう感じるのだろうな。
Nao’s moblog page from Hokkaido: 博物館だった
詳しくは中野さんのブログで公開されている資料(The New New Web Diggersイベント:「QuoteとReBlogで語ってみるtumblrの魅力」を発表しました)を読んでいただくと良いと思います。
まとめ
裏にサッカーが行われているにも関わらず、モデレーターの茂出木さんが公開してくださった動画配信でも30人くらいの人が見ていたそうで、非常に楽しい分科会でした。
ちにみに自分が発表した資料はこれです。ミニブログのあんけい的分解
最後に…やっぱりしゃべるの楽しぃぃ!(そこか)

General, Tools »

[25 11月 2007 | 緑のGooでサイト内検索 はコメントを受け付けていません | ]

緑のGoo
水曜日に参加したWebSig24/7の分科会エコピ。そこでちかさんの紹介で 緑のGoo を知りました(名前しか知らなかった…)。
緑のGooは、ここで検索した結果で生じたGooへの収入の15%相当が環境NGOに支払われるというもの。つまり検索するだけで、環境への貢献が出来ます。
サイトではツールバーやFirefox・IE7用の検索ボックスのプラグインなども提供しており、手間なしに始めることが出来たりします。
つまり非常にエコな検索エンジン!
ということで最近は緑のGooをメインの検索エンジンにしました。
サイト内検索Greasemonkey
そんなのを知った中、AUSGANG SOFTさんで配布しているGreasemonkeyです。
ちょっと前にGoing My Wayさん経由で知ったのですが、表示したページの右上にマウスを持っていくとサイト内検索が簡単に出来るスクリプトです(詳しくはRead先をご覧ください)。
ということで、折角なのでサイト内検索を緑のGooで行うGreasemonkeyを作ってみました。良かったら使ってください。
GreasemonkeyUserScript 緑のGooサイト内検索

General, Tools »

[23 11月 2007 | TwitterとTumblrとブログと[2] はコメントを受け付けていません | ]

Twitter や Tumblr などのミニブログを利用していると、どうしてもブログの更新頻度が落ちてしまう感じがしてしまいます。
前回のエントリーで触れていますが、ミニブログとブログは目的や時間の掛け方が違うため、それぞれ別で利用できるはずなんです。ところがどうしてもブログの更新頻度が落ちてしまう。
ブログの更新頻度が落ちる?
以前、自分は別のブログも同時で運用していることがありました。
これはWeb系のニュースなどについて好き勝手気軽に書きたいということで、丁度 Tumblr に近い形で、Bookmarklet を利用して、コメントを少し入れて書く感じです。
1日にだいたい3~5エントリーを更新をしていたのですが、限界が来てしまいやめてしまいました。どうしてもメインのブログの更新頻度が落ちてしまうんですよね。
というか、メインのブログがそちらにシフトしてしまうんです。
これはブログに「アウトプット」をするにあたって、「時間」よりも「回数」の方がその中心を動かしていたようにも感じます。 Tumblr もそれに近い何かがあるんだと思います。
「アウトプット」をするためには「インプット」が必要になってきます。これはどうしようもないことなんですが、ミニブログを行うことで何かすごく浅いところでインプットからアウトプットをつなげるようになるんですよね。その分、回数でかせぐ。
つまり、ミニブログを行うために回転する頭は、1回はそれほど多くない。だけど、回数を増やすことでそれなりに回転するわけです。
逆にブログは1回のエントリーで大きく頭を回転させることになる。だから1回のアウトプットで大きく頭を回す。

なんかそんなイメージなんだと思います。
まとめ
今回は、「 Tumblr などのミニブログを使うとどうもブログの更新頻度が落ちる。」というのが、どうも気になったので書いてみました。
決してミニブログを否定するわけでもないんですが、この辺りブログを書いている人間としては気になるところもでもあるわけです。
もちろんブログはもっておらず、ミニブログだけを行っている人もいるんだと思います。そういった方々にとっては、インプットをうまくアウトプットに出来るツールなんだと思っています。

General, Tools »

[26 9月 2007 | Google Analyticsをリッチに使う方法 はコメントを受け付けていません | ]

「 UI なんて出来るだけリッチな方がいい」
もちろん、シンプルな UI の方が良い場合もあるので、一概には言えませんが、やはり速さを求めないUIであればリッチな方が良いと思ってます。
先日、NICO(正確に言うと Nicolas 氏)が Google Analytics のAIR版アプリケーションを発表しました。
Web解析ツールを利用している際のイライラの1つに、見るメッシュを変更していく度に画面がリフレッシュされて、待たなければならないことあるんですよね。
今回のAIR版の Google Analytics はデスクトップ上でクリクリ動く、RIAとして提供されているものなので、このリフレッシュのイライラがなくなります。

AIRのインストール
このアプリを利用するには Adobe の AIR をインストールする必要があります。もし既に入っている方はすっ飛ばして頂いて結構です。
AIR はまだ正式版ではないので Adobe Labs というところからダウンロードします。開発ツールなども落ちているのですが、このアプリを動かすだけなら Runtime だけで大丈夫です。ということで Adobe Integrated Runtime (AIR)。
後はダウンロードした exe ファイルをインストールするだけで、 AIR のアプリを実行する環境が整います。
Google Analytics AIR 版のインストール
次に Google Analytics AIR 版のインストールです。これは Google Analytics AIR beta 1 から AIR 用のファイルをダウンロードします。
これもダウンロードした AIR ファイル(.air という拡張子)を実行すると、 Google Analytics AIR 版のインストールが始まります。
プロフィールの設定
(ここからは Google Analytics のアカウントが必要です。)
Google Analytics AIR 版を起動すると、最初にプロフィールの設定をします。これはサイトのデータを呼び出すための設定です。
サイトごとに識別できる名前を Profile 欄に設定し、アカウントを入れると Google Analytics に登録されているサイトがプルダウンで選択できるようになるので、そこで選んで実行するだけです。
後は Google Analytics と一緒
メニューについては英語になってしまいますが、それ以外のデータなどは日本語も文字化けずに参照することが出来ます。基本的には、Google Analytics WEB 版と同じ項目は用意されているので、全く迷わずに利用出来る感じですね。
個人的に気持ちいいと思ったのは以下の点です。

グラフなどは指標を変更するとククッと表示が変わる
ユーザーのアクセスポイント地図表示が、グリグリ動かせる
表示した内容がタブになり切替が早い

まとめ
TechCrunch の記事によると、どうも Adobe と Google の両方が開発に関わっているプロジェクトだそうです。また AIR の β2 の発表に合わせてこのアプリも β2 が発表されるようです。
ザーッと使ってみた感じでは、やはりリフレッシュのイライラがなくなる分、かなりスムーズにデータの参照ができるようになって当分はこちらを利用しそうな感じがしています。
今回のアプリについては、もともと Web 版があるものを AIR 版として提供をしているので、 WEB 版と RIA 版の比較の勉強という意味で使ってみても面白いかもしれませんね。

Marketing, Tools »

[10 9月 2007 | 見えないものを見るツール はコメントを受け付けていません | ]

メールマガジンやRSSからの流入はリファラーでは判断できないんですよね(WEBメールは別)。これらメルマガやRSSは企業側から出来る数少ないPush系のツールなので、どのようなタイトルやキーワードで反応があったかなどは重要になります。
特にターゲティングがしやすいメールマガジンは、その反応によって次のメールの内容を変化させていくことで大きな効果を得ることが出来ます。つまりこういったトラッキングが出来ることはWEB解析ツールでは重要なことなんです。
普段それ程使い込んでないこともあり知らなかったのですが、Google AnalyticsでもURLを生成することでメールからの流入をトラッキングできるようです。
Analytics 日本版 公式ブログ: メールマガジンのトラッキング方法
こういった利用方法を知っているかどうかで、その後のマーケティングが大きく変わってくる可能性もあります。ツールを賢く利用することで、より進んだマーケティングを実践していきたいですね。

General, Tools »

[24 6月 2007 | 横浜市図書館検索Greasemonkey はコメントを受け付けていません | ]

読みたい本を全て買っていては、家に置けなくなってしまうので、急がない本については出来るだけ図書館で借りるようにしています。そこで下記の横浜市図書館の蔵書をAmazonから簡単に検索できるGreasemonkeyを作ってみました。これは検索するためのボタンを表示するだけになっています。
Googleで検索すると検索結果まで表示してくる優秀なものがあるのですが、どうも最近うまく利用できないのと、それを改修するほどの知識が私にないので、もっと簡単なものを作ってみたという感じです。
GreasemonkeyUserScript横浜市図書館検索
もし、良かったらどうぞ~。

General, Tools »

[20 3月 2006 | あなたのブラウザをもっと便利に3 はコメントを受け付けていません | ]

ブラウザを便利にするならもってこいのFirefoxなのですっかりextensionの紹介です。今回はGoogleのページランクがわかるエクステンションです。
Google Pagerank extension:
http://www.tapouillo.com/firefox_extension/
インストールするとブラウザの右下にPageRankが出てくるだけ。ただそれだけなんですが、大量のWEBページをブラウジングする場合は非常に便利だったりします。

PageRankとは
PageRankとは元々の考え方は「論文の引用」からきているそうです。

そのページがどのくらい他のサイトからリンクされているかどうか。
そのページにリンクを貼ってくれている相手のページがどのくらい重要か。

これがPageRankの基本理念。もちろんその他にも複雑な条件を考慮しているようです。(このあたりの詳細はここでは書きませんので「SEO+PageRank」で調べるなどしてみてください。)
つまり、PageRankが高いサイトは色々なサイトからリンクが貼られているわけで、それだけその文章やコンテンツなどが重要であるわけです(あくまでシステマチックに考えた場合ですが)。
まとめ
何か情報を探しているときはそのページのPageRankを見て、他の方々からの評価を加味してみても良いかもしれませんね。(ただ、このツールで表示されるPageRankは米Googleに登録されているものらいいです。つまり、日本のサイトを見ている限りはなかなか正しいPagerankにならないかも…)

General, Tools »

[19 3月 2006 | Writelyとは何か はコメントを受け付けていません | ]

Web2.0企業としても紹介されることの多い「Writely」が先週Googleに買収されました。現在は、Googleへの移行中ということで新規アカウントも止めてしまって一部ではGmailの時のように欲しい欲しいが高まっているようです。

グーグル、ウェブベースのワープロソフト「Writely」を獲得
では、なぜ、Googleはこの企業が欲しかったのでしょうか??少なくとも現在一般的に利用されているドキュメントフォーマットを超えていかないと利用はされないということになります。ということで何が良いのかを考えてみます。
Wordに変わらない操作感
「Writely」はAjaxベースで作成されたWEB上で利用できるワードプロセッサです。その操作感はほとんどマイクロソフトのWordに匹敵するものがあります。これにより、WEB上だから操作をしにくいという障壁がなくなります。つまり、操作感においてはWordを選ぶことも、Writelyを選ぶこともそれほど差が無くなることになります。

色々なフォーマットへの対応。
制作したドキュメントはWEB上に保存できるほか色々なフォーマットに変換してローカルに保存することができます。変換できるフォーマットはHTML、RTF、Word、OpenOffice、PDFとなっています。つまり、2次配布の際も相手やドキュメントの内容に合わせたフォーマットで提供することができるわけです。
タグによる分類
このサイト上で作成したドキュメントはタグ付けをして分類がすることができます。del.icio.usでも利用されているタグによる分類方法ですね。これにより、色々な方法により絞り込んでドキュメントを整理することができるようになります。
シェアするドキュメント
また、Wikiのようにドキュメントをシェアすることができます。変更履歴も確認することができるので複数人数によるドキュメント作成も1つのWordファイルを更新していくよりも簡単かもしれません。ドキュメントのシェアは招待した特定の人にしか公開されません。インターネットがつながる環境であれば利用ができるので、LAN上でなくても仕事ができる…かも。
Googleへの昇華
といったところで、Wordよりもかなりアドバンテージが高い要素をWritelyは保持しているように感じます。ただ、まだBeta版とうことで課題は残っています。

PDFなどへのレイアウトの再現。
暗号化などのセキュリティ。

この辺りがGoogleのテコ入れによって改善されれば、企業などへの利用も見えてくるかもしれません。個人的にはワークフローも含めた企業用CMSパッケージソフトのように販売してもらえるとうれしいのです。

General, Tools »

[7 3月 2006 | del.icio.usでユビキタス。 はコメントを受け付けていません | ]

すきまを活用
携帯での接触時間は休養/くつろぎの時間の次に「電車/バス」など移動している最中の「すきま時間」との調査結果がありました。実際、自分も電車の中やスターバックスなどで携帯を利用していることが非常に多い気がします。
…で、折角なのでこの時間をうまく利用しようということでdel.icio.usの登場です。del.icio.usは自分のページなどでRSSフィード(RSSのリンク)が提供されています。これがまた便利なRSSフィードで「タグ」による分類をしている場合、その「タグ」ごとのRSSフィードも提供してくれているのです。
del.icio.usのRSSフィードの生成ルール
http://del.icio.us/rss/ID
rssの後ろにIDを入れるとそのIDでブックマークしているRSSのフィードとなります。
http://del.icio.us/rss/ID/TAG
さらにIDの後ろにTAG名称を入れるとそのIDで利用しているTAGのRSSフィードとなります。自分の場合は「後で時間が出来たら読もう!!」というものも「ReadLater」とおいうタグを付けて、後で読む分類をしていたりします。ちゃんと読んだら、分類を修正すれば良いわけです。
携帯でRSS
さぁ、ここで携帯RSSリーダーの登場です。del.icio.usのRSSフィードを利用して携帯のブックマークがわりにしてしまおうということです。これで、特定のブックマーク全体も、「後で時間が出来たら読もう!!」タグで分類したブックマークも携帯に取り込めてしまうわけです。
現在、自分が利用しているのは携帯フルブラウザのJIGブラウザに付属しているRSSリーダーです。実際の記事はフルブラウザで参照できるのでかなり便利です。また、最近では携帯専用RSSリーダーも出ていました。エル・カミノ・リアルのがβ版で出しています。これはRSSリーダーの先にある記事もテキストだけにして表示してくれるので、記事を読むだけでればこれで十分です。
ということで、会社、自宅でブックマークした記事を、すきま時間を利用して読むという、ちょっとユビキタスな利用方法でした。