Home » General, Marketing

直帰率の悪いところを洗い出す

2007/10/13

直帰率の悪いところを洗い出す方法を考えてみました。

そのままページごとの直帰率を比較しても、ページビューの少ないところが直帰率の上位にきてしまい、結局目で見つけなきゃおけなくならなくなったり…

ということで自分が提案する方法は下記の式です。

直帰率改善指標 = ( ページ直帰率 – サイト平均直帰率 ) × ページ入口数

式の説明

式で求められる直帰率改善指標をページごとに計算していきます。そうすると、より高い数値が改善を優先した方がよさそうなページになります。

ページ入口数 を掛けているのは重みをつけるためです。こうすることで、直帰率が高く、入口数が多いページを見つけ出すことが出来ます。

また、ページ直帰率からサイト平均直帰率を引いているのは、これをすることで直帰率が良い(低い)ページはマイナスになるため、悪いものが見つけやすくなるためです。

まとめ

ということで、直帰率改善指標でした。実際には直帰率を改善すべきページが見つかったら、もう少し詳細にその分析を行い対策を行っていきます。この辺りは以前のエントリー(直帰率を改善に利用する。)を読んでみてください。

ページの実績から悪いページを見つけ出すには良い方法だと思いますので、是非使ってみてください。





Comments are closed.