Home » Archive

Articles tagged with: Mail Marketing

General, Marketing »

[6 1月 2009 | メールを送った際の効果 はコメントを受け付けていません。 | ]

メールは現状ではWeb媒体の中で唯一のPush型媒体と言っても良いと思ってます。受動的なWeb解析を日々考えている中で、能動的な動きのメールはちょっと違う部分もあったり、面白かったり。

ということでメールの効果分析の際に見つけたいくつかユニークなポイントをご紹介。

General »

[12 9月 2008 | 2 Comments | ]

以前のエントリーで「メールとアクセス解析の連携」というのを書いていますが、メールでは唯一と言ってもいいぐらい、唯一のオンラインでのPush型ツールです(RSSは色々と微妙なので)。
先日のオーリックとエイケアのソリューションについては、「別々で用意しているプロダクトを工夫して利用すればこんな事が出来るよ」的なものでしたが、今回、ダブルクリックが発表したものはきちんと連携させるソリューションです。
DoubleClick Japan – EメールマーケティングソリューションClickM@iler(TM)を 統合マーケティングプラットフォームOmniture Genesis(TM)で提供 〜ダブルクリックの高機能Eメール配信ソフトウェア/ASPサービスと Omniture SiteCatalyst(R)がOmniture Genesisを通じて連携〜
Omnitureが発表しているプロダクトとして、SiteCatalystと他のサービスを連携させるGenesisというものがあるのですが、これを利用してダブルクリックが保有しているメール配信ソリューションのClickM@ilerを連携させるというものになります。
ClickM@iler単体の場合では、開封率、ユニーククリック率、クリック率などの値は取得できるのものの、サイトに来訪してからのトラッキングはもちろん別で取得する必要がありました。
これがコンバージョンを含め、1つの画面上で管理出来るようなったことはかなり大きいのではないかと思います。実際に、SiteCatalystとClickM@ilerの両方を利用していても、URLごとにトラッキングコードを仕込まないとコンバージョン管理が出来ませんでしたからね。
そして、何よりSiteCatalystで取得した行動履歴を利用して簡単にセグメントを作れるようになるそうで、これは期待が持てそうです。というより、これが連携する中では一番重要なわけで。いや〜使ってみたい!

General, Marketing »

[12 7月 2008 | メールとアクセス解析の連携 はコメントを受け付けていません。 | ]

昨日、RTmetricsを提供しているオーリックシステムズ社とMail Publisher Xを提供しているエイケアシステムズ社の共催セミナーに参加してきました。
お題は「行動ターゲティングを可能にする新しいOne to Oneマーケティングソリューションを提案」ということで、アクセス解析からのeメールを利用したリターゲティングについてです。自分が関わっているサイトでも、行っている方法なので興味津々で聞いてきました。
おおざっくりな感想
1つこの中で興味深かったのはUSの事例です。これは普段追いかけていない内容なので為になりました。
基本的に留意する部分というのは大きく3つに分かれるようです。

対象者の選定
送信タイミング
内容

対象者の選定については、色々でしたが事例であがってきていた釣り具を扱っているbasspro.com(釣り具)では「リールを参照した」という条件だけでは送らずに、同じ価格帯のリールを3つ以上閲覧した場合に、同価格帯のものを送るなどを行っているそうです。
こうすることでディスカウントをせずとも高いコンバージョンを得ることが出来るとか。
送信タイミングとしては大きく2つのポイントが、あるとのこと。1つが閲覧からのタイミング。これは自分も感じていますが、やはり閲覧から、なるべく早いアプローチの方が良いようです。
2つめとしては曜日です。事例では曜日でアプローチの割合を比較しているサイトもありました。Baseball Express(スポーツ用品)は水曜日、j.jill(アパレル)は週の前半などがあるようです。この辺りは、商材によって変わってくるのでしょうね。
内容については、値引きはなるべく利用しない、直接的な内容を利用するなどがあるようです。
あと、運用のところで触れられていたステップですが、基本的には統合マーケティングの考え方に沿ったものだろうなぁという感じ。メモ的に一応。

グループをセグメント化
グループの価値を計る
訴求内容を定める
テストを行う

ちなみに統合マーケティングは「ドン・シュルツの統合マーケティング」が読み易くておすすめです。
まとめ
今回のものについては何か新しいパッケージを作ったというわけではなく、あくまで「2つを連携すればこんなことができるよ」という話でした。
既に他のツールで行えていることではあるものの、会場の雰囲気などを見る限りは、結構新鮮だった方が多かったようです。
今回のセミナーではあまり語られていなかったですが、Webアクセスの履歴を利用してメールを送る手法は、セグメンテーションした人数はかなり小さくなります。そのため、かかる手間が増えるわけです。
この「手間がかかる」ことについては自動化や配信する頻度の調整、メール文面の作成コストなど結構色々考えないとなぁと思う次第。ここをうまくやらないと、手間に対してあがったコンバージョンの方が低い結果になってしまうかも。それじゃぁ意味がないですもんね。

General, Marketing »

[14 7月 2007 | メルマガとLPO はコメントを受け付けていません。 | ]

企業がWEBの技術を利用して、ユーザーにアプローチする方法はそれ程多いわけでもありません。RSSなど新しい技術によってアプローチ手段が増えているとはいえ、メルマガという手段はまだまだ有効だと思っています。
メルマガの場合、その効果指標は多くが購読者数、開封率(HTMLメールの場合)やクリック率などが指標となります。メルマガの効果も、まだまだ衰えることなく、WEBサイトへの誘導効果も十分にあります。
しかし、そのメルマガもやはり長く続けていることで、開封率やクリック率が落ちてきます。実はこれらを向上させる時にLPO(Landing Page Optimization)の考え方を応用してみてはどうでしょうか?
対応させてみる
LPOでは、検索結果やバナーなどの入口から、ランディングページを経て、次ページへと遷移をさせていく一連のフローをチューニングしていきます。
これをメルマガに当てはめると「タイトル」と「メルマガの内容」がそれぞれ「バナー」「ランディングページ」とに当てはめて考えることが出来ます。また、その先のWEBサイトに誘導することはランディングページからその先に遷移させることに合わせることが出来ます。

バナー・リンク
->
タイトル

ランディングページ
->
メルマガの内容

次ページ遷移
->
WEBサイトへの誘導

どうでしょうか?こうやって応用するともう少しメルマガの効果をチューニングすることが出来そうです。ランディングページの効果を上げるための施策は「ランディングページの作り方」にまとめていますので参考にしてみてください。
ということで、こんなこと書く方もいなそうなので書いてみました。