Home » General

散在したOutputを検索する方法。

2008/01/22

ふと、思い立って Web に公開している自分のアウトプットたちを検索したいなぁと思い、ちょっと考えてみました。

発端は、昔のブログを触ってた時です。 Xoops を使って、表側は一般的なブログにしたてあげ、ログインすると自分専用の Wiki が見られるようになってたんです。この中で検索をかけたら、ブログと Wiki の両方が結果として表示されて、非常に便利だったんですよね。

ここのところ、このブログ、プライベートブログ、Twitter、ちょっと趣きは違うものの Tumblrdel.icio.us などと Output が散在してしまっていたんです。ということで一括で検索できる方法を考えてみました。

候補を絞る

考えてみるといくつか方法はあるんですよね。 Google のカスタムサーチを使って上記のサイトを登録してしまうとかもありだと思います。ただ、今回は時系列を大切にしたかったので一旦保留にしてみました。

ちょっと調べてみると Planet というサービスがあるようです。これはブログだったり SBM だったり mixi だったりを1つのブログにしてくれるそうです。これを検索するようにすれば実現できるわけですが、新たにブログを作るのもどうかと思ったので今回は見送りました。

ということで今回は「 RSS 使ったら便利では?」といったノリで、メインでは使っていない Google Reader があったので、これを利用してみることにしました。

使ってみる

現状、RSSリーダーとして利用しているのは Livedoor Reader なので、Google Reader はきちんと使ってなかったんですよね。検索窓もついているので文句なしです。

メインで使っているものではないので、他のサイトのRSSは一旦削除してしまい、上記の色々なサイトのRSSを登録してみました。

少し触ってみると、昔のエントリーとかも RSS を登録してある限りは保存してあるようです。このブログは稼動当初から登録だけしてあったので、サイト内検索のように利用することが出来ました。

まとめ

Google Readerをメインで使っている方は、Yahoo!PipesxFruits などを利用してRSSを1つにまとめて、登録してみると同じようなことが出来ると思います。

使い勝手は上々です。検索結果も最新のものが上位に表示されるようなので問題ないと思います。キーボードショートカットもあるので、複数ある検索結果を遡ることもスムーズに出来ました。

しいて言えば、Google Readerの検索窓はちょっと見る限り応用がきかなそうなんですよね。Firefoxとかの検索窓に入れられたら、なんて便利なんだろうと思ってます。

2007年1月23日追記

shinoさんよりコメントに頂いたサイトでGoogle Readerの検索ボックスが作れました(Google Reader 検索窓)。おかげさまでものすごく利用価値があがりました!

このサイト知らなかったのですが便利ですね。shinoさん、ありがとうございます!





2 Comments »